所長挨拶・スタッフ紹介
所長挨拶
 上京診療所は、2011年10月、上京病院の廃院、入院病床の法人内移動と共に、外来・在宅部門が独立し開所いたしました。
 運営母体は公益社団法人京都保健会で、全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)に加盟しており、「無差別 ・平等の医療と福祉の実現をめざす」ことを目的に、公益社団法人として無料低額事業に取り組んでいます。これは生計困難な方が経済的な理由によって必要な医療を受ける機会が制限されることのないよう、無料、または低額な費用で治療を受けていただく制度です。是非この制度の主旨をご理解いただき、必要な方が一人でも多く利用してくださいますことを願って止みません。
 地域に目を向けますと、急速に進む高齢化に伴い、医療分野にも様々な問題が山積しています。独居で通院に支障をきたすお年寄り、寝たきりを余儀なくされる方、認知症の方と生活する家族が抱える問題等々。私たちは、在宅医療活動を通 じて「家から外に出られない病気を抱えたお年寄り」のお役に立てるよう精一杯努力を続ける所存です。また、認知症の診断と治療の窓口としての機能を十分発揮できるよう研鑽を積んでまいります。

 働く人、地域で活動を続ける人々の健康を守ることは、診療所として課せられた最も重要な使命です。生活習慣病の管理はもちろん、大人から子供まで、CommonDisease(よくある病気)に適切に対処できるプライマリケア(第一線医療)の実践者でありたいと考えています。誰もが気軽にかかれる診療所を目指してまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。
所長 高木幸夫
医師紹介

高木幸夫
所長
1.基本の診療科
家庭医療(総合診療)を専門にしています。家庭医療とは、年齢・性別・臓器に関わらず、患者さんとその家族や地域に住んでいる方の健康問題に幅広く対応する診療科です。年齢が進むと、一人でいくつもの疾患を抱えていたり、病気以外のいろんな問題が生活や健康にかかわってくることが多くなります。それらひとつひとつをそれぞれの専門科にかかるのは、大変なことです。総合的に診ることで、患者さんはあちらこちらに受診する必要がなくなることも多いです。それは、必ずしも全てが解決できるということではありませんが、適切なところへ紹介することも含めて、幅広い健康問題に責任を持つという意味です。いわゆる、「かかりつけ医」と同義と考えていただいても良いと思います。
2.診察するにあたって大事にしていること
ひとつひとつの健康問題に対して、できるだけ正しい対応をすること。
ひとつひとつの健康問題だけではなく、患者さんをまるごと理解して診察すること。
健康問題だけではなく、健康増進についても一緒に考えていくこと。
3.何か一言
これからの高齢社会では、病気とうまくつきあっていくことと同時に、病気にならないように健康増進することがとても大事です。現在、診療所として、HPH=健康増進活動に取り組んでいます。また、健康で住み続けられるまちづくりにも取り組んでいきたいと考えています。多くの方と力を合わせて取り組みを進めていきたいと思っています。
     

草野超夫
副所長 
1.基本の診療科
家庭医療
2.診察するにあたって大事にしていること
どんな相談事にも真剣に取組む
3.何か一言
毎日が勉強です
   

本田大道医師
1.基本の診療科
内科・糖尿病科・在宅医療
2.診察するにあたって大事にしていること
患者さんをひとりの人間として尊重し敬意をもって接すること
3.何か一言
現在は主に在宅医療を担当し、往診車で地域を走り回っています。在宅医療とは、通院できなくなっても住み慣れた地域・自宅で安心して暮らし続けられるよう、継続した医療を提供する制度です。病気や障害のために通院が困難な方、根治が望めない病気を抱えているが出来るだけ自宅で過ごしたい方は上京診療所・在宅医療室にご相談ください。
     

西澤寛貴医師
1.基本の診療科
家庭医療を専門にしています。2018年4月から外来と訪問診療(往診)を担当しています。
2.診察するにあたって大事にしていること
笑顔で話しやすい雰囲気を作るように心がけています。
3.何か一言
上京診療所では医学的な診療だけでなく、生活のことなども含めて相談にのっています。友の会で多彩な活動もされており、気軽に診療所を利用してください。
     

原奈央医師
1.基本の診療科
家庭医療 2017年度から上京診療所で週1回の外来と訪問診療を担当しています。
2.診察するにあたって大事にしていること
患者さんの思いを大切にしながら、診察にあたるようにしています。
3.何か一言
HPH学校や医療懇談会、年に一度ですが小学生向けの医療体験会も開催しています。一緒に健康について学んでいきましょう。