社団法人京都保健会
サイト内
〒604-8474 京都市中京区西ノ京塚本町11
  TEL:075-813-5901 FAX:075-813-1721
 Save Earthについて
 
  • 京都の冬日(最低気温0℃未満)は1940年代年間70〜90日、70年代50日、90年代15日
  • 京都の熱帯夜(最低気温25℃以上)は1940年代0〜3日、60年代10日前後、90年代20日以上、94年は40日
  • 霧日数(視程が1km以下)は1910年代多い年は年間180日、60年代50日以下、最近は殆ど無。
  • 年平均湿度は1910年代70%、90年代は60%で10%乾燥。
  • 気温の上昇(特に最低気温が下がらない)と乾燥化が顕著です。また、冬にツララは見られず、夏はクマゼミばかり、ナガサキアゲハが京都で見られるなどの変化があります。
  • 全国的にも、集中豪雨の多発、日降水量100o以上が頻発、巨大積乱雲による竜巻、最高気温を更新、早まるサクラと遅れる紅葉、東京の気温は100年前の鹿児島と同じ。1℃上昇で気候は150km南下します。
(地球温暖化防止大講演会2008/7/5気象台OB大西氏レポートより)
 
  • 地球の平均気温は、産業革命から200年を経過して0.76℃上昇しました。また、すでに大気中に排出された温室効果ガスにより、今後20年で更に0.4℃上昇すると予測され、対策をとらなければ、平均気温は今世紀末、最大6.4℃上昇するといわれています。
    地球温暖化を抑制し、産業革命前に比べ気温上昇を2℃以内に抑えこむことは、地球と人類の喫緊の課題です。
 
  • 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第四次評価報告書は、気温上昇を2℃以内に抑えるため3点を強調しました。
    (1) 2050年までに、世界の温室効果ガスの総排出量を1990年比で半分以下に削減すること、とくに先進国は80%以上削減すること(長期削減目標)。
    (2) 2015年までのできるだけ早い時期に世界の総排出量を減少に転じさせること、とくに先進国は2020年までに25〜40%削減すること(中期削減目標)。
    (3) 以上の目標の達成によって、今世紀末までに人類が排出する二酸化炭素を1兆8千億トン以下に抑え、大気中の二酸化炭素濃度を安定させること。
  • 1990年の温室効果ガス排出量は、地球の吸収できる能力の倍でした。長期削減目標(1990年比半減以上)は、人類が地球に「住み続ける」ための必要条件なのです。
以下の情報を参考に取り組みを進めています
参考リンク
気候ネットワーク
日本共産党 地球温暖化の抑止に、
 日本はどのようにして国際的責任をはたすべきか
京都府地球温暖化防止活動推進センター
京都市地球温暖化対策室


 Copyright (C) Kyoto-Hokenkai All rights reserved