ホーム > 学校概要 > キンカンならでは
キンカンならでは -近畿高看だから、こんな学びができる!!-
学びの主人公は学生
入学式の「新入生の詞」は、入学式当日に限られた時間の中で、入学生全員で話し合いながら考えます。
入学時から主体的な活動を体験し、難しさや達成感を味わいます。その体験が主体的に学んでいく看護師の基盤を作っていきます。
多彩なフィールド、事実から学ぶ
高齢者へのインタビューや職業体験、保育園の子どもたちとの遊びなど、人々の生活に直接触れ、話を聞く中で、教科書では学べない「その人」を知ることができます。
文化芸術に触れ、人として看護師としての感性を磨こう
映画・演劇・狂言の鑑賞や聖護院での座禅体験など。
自分自身と向き合い、心揺さぶられる体験を通して、人として看護師としての感性を高めよう。
自主的な活動
■平和を守る活動へ
原水爆禁止世界大会に参加し、「核兵器はいらない」「戦争反対」を訴えます。
平和を守る看護師としてできることを一歩ずつ踏み出しいこう。
卒後継続研修
新人看護師1年目。
日々患者から学び、チームの一員として業務を覚え、夜勤のサイクルに慣れた頃。
学び舎でほっこりしながら「看護」をみつめ、頑張っている自分を発見できる集いになっています。
模擬患者
患者会の方々に、学内実習で患者役を引き受けて頂いています。臨場感ある体験は、緊張感がうまれ自分の課題がみえてきます。
あたたかく見守り教えてくれる模擬患者さんの存在は絶大!
地域の人達と一緒に学び合う!
『患者の気持ちが分かる看護師に育ってほしい』と地域の人達が患者役として1年生からコミュニケーションや臨床技術訓練のお手伝いをしています。
学生さんと緊張感を共にし、患者からの率直な感想を伝えます。卒業時にはすっかり成長された姿に「元気でね!患者さんをよろしく!」とエールを送ります。
ぜひ、皆さまと学びを御一緒に!とお待ちしております。
模擬患者研究会 広瀬東榮子 先生
実習指導者会議
各実習前後には担当する指導者が学校に集まり、実習の内容を確認。どんな看護師になってほしいのか、学校と指導者とで思いを一致させ、同じ方向に向かって指導が行えるよう意見交換を行います。その内容を臨地に持ち帰り、院内でも会議を行いスタッフ全体で学生の実習受け入れの準備を行います。
臨地との連携
指導者参加型学内実習
実習指導者が、学内実習に参加。血圧の測り方や、患者さんとの関わり方について指導を受けることができます。
学校での学生の様子を見てもらうことで、学生一人一人に合わせた臨地実習の指導につながります。緊張していた学生も、安心して実習に行けます。
病棟毎に専任の実習指導者を配置
病棟毎に、2~3名の指導者を配置。
実習期間中、専任の指導者から継続した指導が受けられます。成長していく姿や悩んでいることをいつもそばにいて見守ってくれる存在です。
外部講師による講義・演習
臨地で働く看護師、認定看護師が講義・実習を担当。
臨地で行われている最新の医療や看護を、実際の事例や体験を踏まえて話してくれます。
教科書には載っていない、リアルな学びがいっぱい。
Copyright(C) kinki nursing school All rights reserved.