歯磨きQ&A
Q:子どもが嫌がって歯磨きをしない
A:本当に多くの保護者の方々が同じ悩みを抱えておられます。これが1番というお返事はできませんが、やはり「なぜ歯磨きをしなければいけないのか?」ということを深めていただくことが重要かと思います。そしてあんまり嫌々のイメージにならないような工夫も必要だと思います。お風呂に入って「きもちいい」頭をあらって「きもちいい」と同じように、歯を磨いて「きもちいい」と感じれるような雰囲気づくりもその一つでしょう。
Q:歯磨き粉はいつごろから使えばよいか?
A:うがいができるようになってからですね。ブクブクができるようになってからということです。歯磨き粉の甘みを気にされる方もいらっしゃいますが、歯磨き粉で虫歯になることはまずありません(甘みは人工甘味料で糖質ではありません)。
Q:必ず歯磨き粉は必要か? 歯磨き粉をいやがります
A:絶対に歯磨き粉が必要かと問われたら答えはNOです。別になくても問題はありません。ただブラッシングの付加的(補助的)な部分については一定の効果があると考えます(フッ素入りなど)。子ども用の甘みのあるものもいろいろ種類があります。なにより先ずはブラッシングです。
Q:フッ素について教えてほしい
A:フッ素は虫歯予防で歯に塗る特別な成分ではなく、一般的に自然界に広く存在しているので、食品や飲料水からも日常的に摂取されている必修の微量元素のひとつです。
成人では約2.6g程度が体内に分布しています。間違いやすいのは、フッ素と聞くと、車のワックスのようにフッ素が歯の表面をツルツルにして、汚れや水を弾くイメージがありますが、決してプラークや食べかすがつきにくくなるために、虫歯になりにくくなるわけではありません。
歯のフッ素は表面にコーティングを行うのではなく、歯の表面のエナメル質自体を変化させて、歯そのものを虫歯になりにくい状態にするのです。フッ素の効果としては1.エナメル質を強くする、2.再石灰化を促進させる、3.虫歯の元になる酸の産生を低下させることです。
市販のフッ素配合のジェルや歯みがき粉と、虫歯予防のために歯科医院で塗るフッ素の違いは、濃度が違います。市販のジェルや歯みがき粉は、フッ素の配合濃度が薬事法で1000ppm(0.1%)までと決められています。したがって市販品の場合、どんなにフッ素を多く配合していても、濃度は、950~980ppm程度が多いようです。さらに小さいお子さんが使用するものでは100ppm程度の低濃度のものなどが販売されています。
歯科医院で虫歯予防のために直接歯に塗りこむタイプのものは、濃度が市販品の歯みがき粉などに比べて約10倍の9000ppm(0.9%)のものなどが多く使用されています。
Q:フッ素って毒なの?
A:海産物や農作物にも様々な濃度のフッ素が含まれており、私たちは毎日の食生活の中でフッ素を取り込んでいます。もちろんどんな薬でも、また、たとえ食物でも一時期に大量に摂取すると体に害を及ぼすことがあります。
フッ素洗口を例にすると、フッ素は体重20kgのお子さんでは急性中毒量(大量に摂取して吐き気がしたりする量)は40mgですが、フッ素洗口1回分7ccのフッ素量は1.6mgしかないので、間違えて1回分のうがい液を全部飲み込んでしまっても大丈夫です。
また、液を吐き出した後、口のなかに残るフッ素の量は、お茶1~2杯分に含まれるフッ素の量と同じですので、うがいに関して問題はありません。
またフッ素が添加されている水道水や歯みがき剤を使用する場合も、用量を守って適切に使えば危険はありません。確かに虫歯予防のためのフッ素使用について、いろんな意見があることも事実です。フッ素の使用に対する抵抗感がある場合は使用されなくてもよいでしょう。フッ素もあくまで日常の口腔ケア、口腔機能を助ける効果であり、絶対的なものではありません。
Q:短時間で効果的な歯磨き方法とは
A:歯についた汚れをとることが目的ですので、短時間で効果的な歯磨き方法というのは難しいですが、歯磨きだけでなく虫歯になりにくいように食生活も含めてトータル的にアプローチすることが効果的かもしれません。
こと歯磨きについては1日1回しかできないと仮定するのなら寝る前が効果的ですね。寝ている間は唾液の量が少なくなるためです。それとどこに食べかすが溜まりやすいのかを知っておくことも効果に関わることだと考えます。単に朝晩のセレモニーにならないようにすることも大切です。「磨いている」と「磨けている」は違います。
Q:虫歯があるが治療すべき?
A:ひどくならないようにすることは努力できますが、残念ながら虫歯自体は自然には治りません。乳歯はいずれは抜けますが、虫歯がある以上虫歯菌が活躍しやすい口内環境になっているということになります。
乳歯は永久歯よりずっと虫歯になりやすいといわれています。理由としては1.エナメル質がやわらかく虫歯菌がつくる酸にとけやすい、2.進行が早い上に、ひどい虫歯になるまで、痛みがないので気づきにくい、3.乳歯は、永久歯に比べ、形的に汚れやすく、食べかすが残りやすい、4.子どもは、睡眠時間が長いため虫歯になりやすい環境になる(睡眠中は唾液の分泌量が減るため)です。
乳歯が虫歯になってしまうと、永久歯の質に問題が生じたり、歯並びが悪くなったりします。また虫歯の為に、しっかりかむことができないので、食べ物の消化、吸収に影響が出て、十分な栄養をとることができず、身体の抵抗力が弱まり、かぜなどひきやすくなる場合もあります。
Q:虫歯がうつるって本当?
A:生まれたての子どもには虫歯菌はありません。確かに大人が食べた同じお箸でご飯をあげたり、食べかけのものをあげたりすると大人から虫歯菌がうつってしまう場合もあります。虫歯が伝染性の病気のようにうつるわけではなりませんが、虫歯菌がいなければ虫歯にならないわけで、なるべく虫歯菌を増やさないように意識することは大切です。
しかし日常普段一般の生活の中で、私たちが細菌と無縁な生活をすることは不可能ともいえるでしょう。すでに人間には人体常在菌がいますし、こと口の中にも常在菌は10億個いるともいわれます。
考え方として虫歯菌は口の中にはあるもので、それを少なくするか多くするか、活躍しやすくするか、しにくくするかは日常の口腔ケア(ブラッシングなど)だといえます。子どものお口の中の環境は、お父さんやお母さんの口の中の環境とよく似ています。子どものためにも親自身のブラッシングの質も大切ではないでしょうか。
Q:よだれが多いと虫歯はできにくいのか?
A:唾液の役割として歯を守る機能があります。就寝中は唾液量がすくなくなるために、口腔内に汚れがのこっていると虫歯になりやすいといわれています。
Q:毎日歯を磨いても、歯が黄色くなっているように思う
A:歯が黄色に見えるのは歯の汚れが原因であることが一般的です。歯ブラシで丁寧にみがいてあげると取ることができるものと、そうでないものがあります。少し取りにくいものには、茶渋や食べ物の中の色素が表面についている場合と、既に虫歯の初期となっている場合があります。また転んだり、歯を強くぶつけたりすると歯の中の歯髄(神経)が死んで黒くなることがあります。