公益社団法人京都保健会 朱雀診療所
  〒604-8421 京都市中京区西ノ京永本町19
   TEL 075-821-3282 FAX 075-811-9019 
 概要・あゆみ
名称 公益社団法人京都保健会 朱雀診療所
住所 〒604-8421 京都市中京区西ノ京永本町19番地
電話 TEL 075-821-3282 FAX 075-811-9019
標榜科目 内科 泌尿器科(往診のみ)
届出 在宅時医学総合管理料(在医総管 第62号)
在宅末期医療総合診療料(在総 第362号)
在宅療養支援診療所(支援診 第32号)
電子化加算(電子化 第381号)
主治医(かかりつけ医)意見書記載医療機関
基本健康診査協力医療機関
社会福祉事業所第2条第3項による医療減免
高齢者インフルエンザ予防接種施設
京都市「生き方探求・チャレンジ体験」受け入れ協力施設
介護事業 訪問看護 居宅療養管理指導
施設 鉄骨3階建
主な医療機器や設備
超音波診断装置(腹部、心臓)
一般撮影及び透視型テレビレントゲン装置
除細動装置 尿検査装置 牽引装置 マイクロ
その他 全館禁煙 多目的ホール 駐車場3台
連携機関
京都民医連中央病院 中京区西ノ京春日町16-1
京都民医連太子道診療所 中京区西ノ京小堀池町18-1
春日診療所 右京区西院下花田町21
京都民医連かみの診療所 西京区桂上野中町175
かどの三条こども診療所 右京区山ノ内西裏町15-7
訪問看護ステーション太秦安井 右京区太秦安井藤ノ木町2-2
ヘルパーステーション太秦安井 右京区太秦安井藤ノ木町2-2
 
診療情報開示
当診療所の診療情報開示手順に基づき、診療情報(カルテ、レントゲンフィルム、検査結果)などを一部有料となりますが開示しています。お気軽にお問い合わせください。
定期受診の方には「私のカルテ」をお渡しし、検査結果、投薬内容などの記録を診察毎、お返ししています。
 
診療所のあゆみ
「民主的な診療所ほしい」と始まった運動
右京病院開設より少し遅れて1963年頃、地域の中から「民主的な診療所ほしい」という意見がよせられました。右京病院から南部約1.5キロの地に勤労市民が比較的多く居住する区域があり、地元有志と協議を開始したのが診療所開設のはじまりです。
1965年3月、西ノ京のほぼ中心部に長らく手つかずになっていた土地を、話し合って解決し、その土地の角地を50坪取得しました。この土地が現在の診療所敷地です。
組織づくりに東奔西走
前診療所建物
同年6月に第1回朱雀診療所建設委員会を開くまでの期間は、京健労、民主商工会、地元有志に働きかけ発起人会、地域懇談会などひらいて支持と協力を訴えてきました。同時に「朱雀健康と生活を守る会」の準備活動も並行してすすめ、同年6月23日発足し会員拡大に取り組みました。
朱雀診療所は、1965年10月3日に開設し、当初は内科、外科の夜診のみでしたが、医師体制が充実し始めたのは1969年7月頃となりました。
1996年9月現建物に新築
1995年には診療所が老朽化し建て直そうという機運が高まり、現所長の宮岡医師を先頭に議論を重ね現在の建物に至ります。
くしくも阪神大震災がおき、その現地支援にいった診療所看護師が、立替前の待合室で報告集会を開き、地域の皆さんと一緒に震災の支援と診療所改築の思いを一致させたことが思い出されます。
時代・地域に応えて
2006年4月には、在宅療養支援診療所の認可を受け、24時間365日の医療活動を連携保険医療機関と共に協力し、地域の皆様とも手をつなぎ支えあい頑張っております。私たちの命や暮らしと深く関係している憲法を守り、安心してすみ続けられる街づくりの実現に向けてこれからも邁進し、ともに手をとりあいながら、今後の朱雀診療所の医療活動として行動していきます。
 
個人情報保護方針
プライバシーポリシー
 
TOP 概要 診療体制 診療案内 在宅案内 スタッフより アクセス 友の会
  Copyright (C) Kyoto-Hokenkai Suzaku Clinic All rights reserved.