ホーム友の会 > 保健会基金
 
民医連運動に賛同・支持を頂き、その発展を願い、財政的にも本法人を支援していただく基金です。この基金の用途は、京都保健会の設備充実などの事業運営資金として活用させていただきます。
対象 共同組織(友の会)会員
借入期間 5年(無利息)
借入金額 上限1千万円(1人毎他基金と合わせ)
拠出方法 一括、積立(毎月の12回)
京都保健会各事業所の施設改修や医療・介護機器など、通常の事業活動を継続し発展させるための設備投資に活用させていただきます。
募集額 2億円
募集期間 2018年6月1日~2019年3月31日の10ヶ月間(期間内であっても目標額に到達次第終了)。
借入期間 5年(年利0.15%の単利)
借入金額 上限1千万円(1人毎他基金と合わせ)
対象 共同組織(友の会)会員と京都保健会職員。
満20歳以上の方
友の会でいっしょに健康づくり
京都保健会の全ての事業所は、健康友の会との協力・共同を大切にしています。
友の会は地域の方々の自主的な組織で、京都保健会と一緒に事業や「健康で住み続けられるまちづくり」をすすめるパートナーです。ぜひご入会をお願いします。
詳しくは(友の会入会)こちらを
京都民医連中央病院リニューアル移転に向けた
総合基金へのご協力 ありがとうございました
総合基金は、総額で20億円を超える申込みをいただき、解約分を差引いても目標に到達していますので、新規申込みは2018年5月末で終了させていただきました。
多大なご協力をいただき深く感謝申し上げます。
総合基金純増15億円目標達成のお礼とご報告
新病院建設状況はリニューアルのMADO(随時更新)
京都保健会の基金・協同基金は、地域の思いを実現します
京都保健会は「お金の心配なく、安心してかかれる医療機関が欲しい」という地域の方々の声から生まれ60年経ちました。地域の皆さんに支えられ、共に歩み、安全・安心、親切な医療・介護をめざしてきました。
事業所一覧はこちらを
地域の方と一緒に実現してきました
2010年以降は、京都民医連中央病院西館、上京診療所と咲あん上京の建設、吉祥院病院、あやべ協立診療所のリニューアル、医療機器の更新など、施設建設や設備の充実に、みなさんからご協力いただいた基金を活用させていただきました。
「命の平等」を掲げて
必要な医療を受ける機会が制限されることのないよう、京都保健会の全病院・診療所は無料低額診療事業を実施しています。
詳しくは(無料低額)こちらを
差額ベッド代は一切ありません
お金のあるなしで、医療に差別があってはなりません。京都保健会の病院は、差額ベッド代(個室料金)は一切いただいていません。
詳しくは(室料差額)こちらを
基金のお申込みは下記の事業所までお願いします
公益社団法人 京都保健会 Tel.075-813-5901
京都民医連中央病院
Tel.075-822-2777
吉祥院病院
Tel.075-672-1331
京都協立病院
Tel.0773-42-0440
京都民医連太子道診療所、春日診療所、朱雀診療所、京都民医連かみの診療所、かどの三条こども診療所、上京診療所、仁和診療所、総合ケアステーション太秦安井、訪問看護ステーションかみの、総合ケアステーションわかば、近畿高等看護専門学校 九条診療所、久世診療所、吉祥院こども診療所、吉祥院訪問看護ステーション、ヘルパーステーション吉祥院、吉祥院複合型サービスれんげそう、あらぐさデイサービス あやべ協立診療所、ふくちやま協立診療所、まいづる協立診療所、たんご協立診療所、在宅ケアステーションげんき、複合型サービスきょうりつ、ほっとステーションきぼう、ふれあいステーションゆきわり、訪問看護ステーションゆたかの
Copyright (C) Kyoto-Hokenkai All rights reserved.